Astronomical

(続・続)フラット・ダーク用フード作り

直径20cm位の鏡筒3本は、微妙に経が違うので(会社も違うし)ダンボールで作ったフードの先頭に上手に入ってくれない。
もとより、暗い所で、被せたり/外したり。
オヤジのパンツと同じでユルユルが良いのだけど。(笑)

今回の新兵器

ホットボンド
直ぐ「くっつく(相州弁か)」とか書いてあったけど、一箇所にプラスティックが溶けたような物を2滴程垂らして2分は押さえて無いと動いてしまうな。
まあ、仮止めとしては使えそう。それから、温めると溶けるので付けたり外したりも出来そうだ。
00.jpg 01.jpg

フラットフード

今回は、微妙に経の違うダンボールフード側に更に5cm幅でダンボールの鉢巻をさせて、1個のフラットフード、ダークフード(単なる蓋だけど)でつかえるようにした。
トレーシングペーパーを2枚の穴の開いた板で抑えるようにした。
02.jpg 03.jpg

ダークフード

機能を追求していたら、こんな素敵な仕上がりになった。
普通は、笑う人が多いだろうな。
でも、これは、全部、晴れている日に艶消し黒スプレーを塗るのでだいじょうVなのだ。(笑)
04.jpg 05.jpg

艶消し黒スプレー

頭が痛くなった。(笑)
06.jpg


添付ファイル: file06.jpg 4件 [詳細] file05.jpg 7件 [詳細] file04.jpg 6件 [詳細] file03.jpg 6件 [詳細] file02.jpg 8件 [詳細] file01.jpg 6件 [詳細] file00.jpg 9件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-07 (火) 11:02:41 (19d)