Astronomical

鏡筒のバランサー

極端にバランスが悪いと、赤道儀から飛び出したような形になり、風に弱くなる。

EdgeHD800

これも、おケツが重過ぎてバランスに苦労していた。
写真は、2年前のものだけど、1kgのウェイトとLosmandy規格のアリガタレールに取り付けるアリミゾマウントを使ってバランスを取っていた。
01.jpg

GS-200RC

これも、お見事と言う位、おケツに重心が来ていて、EdgeHD800のような取っ手も無いので、赤道儀に据え付ける時、落としそう。(汗)

で、バランス調整用で買った写真の短いバランスシャフト。
これを、EdgeHD800のレールの両端のネジにねじ込んで見たら、あれ!入るじゃん。
一万もするアリミゾマウントを買う必要無かったな。(汗)
で、気を良くして、GS-200RCにもビクセン規格のアリガタプレートが上下で2枚付いていて、両端にネジ穴がある。
ワクワクしながら、ねじ込んでみようとしたら、あれま(汗)ピッチが違う!。

バランスシャフト

そのままだと、EdgeHD800のlosmandy規格のアリガタプレートにはねじ込めるが、GS-200RCはピッチが違うのでペケだった。

で、恨めしそうにこのネジを見ていたら、アーレンキ3mmで回したら外れた。
が、これは、何の役にも立たないな。
もう1個、短いバランスシャフトを買って、引き抜いてMネジ(6角凹)付きを探さなくては。(笑)
取り敢えず、1万以上する金具は要らないことが解ったので良しとするか。

と、言うか、Mネジのタップを立てて、ネジが入るものなのか疑問。
卓上旋盤とか万力とか、タップ/ダイスとか、持っているので、真鍮の棒を買ってきて作るかな。天気も悪いし満月期だし、ふむふむ、そうしよう。
00.jpg

真鍮丸棒を諦めてアルミ丸棒

ネット購入した真鍮丸棒2cmx20cm。
早速、グラインダーで8cm位の長さに切り落とし、卓上旋盤で、細いドリルで、先ず、貫通穴を開けたいのだが、10mmも削れない内にドリルが折れてしまう。(勿論油を掛けながら)。
まあ、20本セットで1900円とかのDIY用なのだが。(汗)
1本2,000円の細いドリルも折れてしまった。
こりゃ、降参!というわけで、DIYでアルミ丸棒を購入。
さて、午後から作業しよう。
02.jpg

アルミ丸棒φ20mm穴開け

細いので貫通させる

中華製卓上旋盤は、ユルユルのベルトで動力を伝えているので、ちょっと無理にドリルを押し込むと、「ムーーーー」って言って、材料にドリルが噛んでドリルが回らなくなるので、こんな手間暇掛ける。(笑)
丸棒を60mmで切って、真ん中にこんな深い穴を開けるのは初めて。(笑)
一番細い1.8mmで、ドリルを下げたり上げたり、何とか貫通。
03.jpg

徐々に穴を広げ

2mm、2.5mm、3mm、3.5mm、4mm、4.5mm、
ここで、コツを覚えたので、
6mm、6.5mm、7mm
04.jpg

写真は無いけどM6の30cm位あるネジを65mmに切断

バリがあるので、やすり掛け。

出来ました

05.jpg

早速取り付けてみる

最初は、ビクセン規格のアリガタマウントを買おうかとも思ったけど、そうなると、ウェイトシャフトも必要。
こんなシンプルになりました。
06.jpg

で、肝心のバランスは

今まで主鏡のある最後部が、アリミゾに収まらず前に突き出ていた。
フードを付けると、横風に絶対弱い。
バランスを取ってみたら、ハイこの通り。まだ、少し後ろが重いが重りは1kgと1.9kgがあるので、様子見。
後、バランスを崩す物は、フードと結線ケーブル・乾燥空気ホース以外は無い。
07.jpg

真鍮丸棒は、友達が欲しいと言うのでプレゼントした。
実際は、アルミ丸棒 φ20mmx300mmが982円
あとは、ジャンクボックスで見つけたので、破格のお値段で作れました。
重りも、ビクセンで買ったけど、何か使えそうだなーぁ。

掴む所が無い鏡筒(掴み所の無い鏡筒)だったけど、このウェイトは付けっ放しなので、ここと、延長筒を持てば、鏡筒を落とすことも無いだろう。


添付ファイル: file07.jpg 8件 [詳細] file06.jpg 7件 [詳細] file05.jpg 6件 [詳細] file04.jpg 6件 [詳細] file03.jpg 6件 [詳細] file02.jpg 6件 [詳細] file00.jpg 6件 [詳細] file01.jpg 20件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-10 (金) 15:42:04 (44d)