Astronomical

南側庭GS-200RC+ASI071MC-Cool+Mgen

昨夜と、全く同じ機材。
APTの習熟と、画像処理用のデータ撮り。(星なら何でもOK)

GPVのデータ

今夜は、00時近辺で西から雲が出たら、迷わず閉店。
00.jpg

本日の機材

  • 赤道儀:ピラー脚に載せたセレストロンCGEM
  • 極軸合わせ:PoleMaster
  • 鏡筒:GS200RC f:1624mm
  • 撮影カメラ:ASI071MC-Cool+LPS-v4
    • 冷却:-10℃
  • ガイドシステム:M-GEN + f:280mmレンズ
  • 電源
    • AC100V
      • 赤道儀側のノートPC用ACアダプター
      • 乾燥空気:鏡筒とガイド鏡カメラ・レンズに送る(8.5Wの最強ポンプ)
      • 常設の赤道儀用の除湿器 
    • AC100Vに接続したスイッチング電源(12V 30A)で給電
      • 赤道儀:DC12V
      • 冷却カメラ:DC12V
      • M-GEN:DC12V
  • リモートデスクトップ環境
    • ネット環境
      • 我家MAINのWiFi無線LAN+無線LAN中継器
    • 使っているPC
      • 赤道儀側:ASUS X555UA(Win10pro. i7core 8GB SSD500GB)
      • 部屋側:PC部屋のディスクトップ(組立:Win10pro. i7core 32GB SSD500GB)
  • ソフト
    • 自動導入:ステラナビゲータ10/ステラショット1.5
    • キャプチャー:APT(Astro Photography Tool)
    • 極軸合わせ:SharpCapのAlignment機能

準備完了

01.jpg

邪魔な、薄雲が

今日は、寝不足もあるので、そろそろ閉店。
M-GENのガイド鏡(f:280mm)、ピントがズレズレだったのを修正。
02.jpg

薄雲の中、オートガイド

Astronomical/oth./2017-02-17/StellaImage8その2(変!)が、判明したので、画像処理をしてみた。

  • m42の時は、薄雲には気が付かない位だったが、
  • ic434の時は星が見えて無かった

そんな条件の中でも、M-GENは確りガイドしていること実感。
星だけは丸い。
これから、長焦点にはM-GENはセットで考えよう。
m42-orig.jpg

ic434.jpg


添付ファイル: fileic434.jpg 16件 [詳細] filem42-orig.jpg 11件 [詳細] file02.jpg 13件 [詳細] file01.jpg 18件 [詳細] file00.jpg 9件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-17 (金) 11:57:25 (37d)