Astronomical

南側庭GS-200RC+ASI071MC-Coolでお月様

もう一度、月をSERファイルで撮影してみよう。
木星なども撮ってみたいが、まずは、月から練習だ。

画角の確認

GS200RCとASI071MC-Coolでギリギリセーフか。
00.jpg

GPVのデータ

明る過ぎる月なので、多少の雲はだいじょうVか。(笑)
01.jpg

本日の機材

今夜は満月なので、お月様の動画撮影が目的、オートガイド関係は取り付けてない。

  • 赤道儀:ピラー脚に載せたセレストロンCGEM
  • 極軸合わせ:PoleMaster
  • 鏡筒:GS200RC f:1624mm
  • 撮影カメラ:ASI071MC-Cool
    • 冷却:-10℃
  • ガイドシステム:M-GEN + f:100mmレンズ
  • 電源
    • AC100V
      • 赤道儀側のノートPC用ACアダプター
      • 乾燥空気:鏡筒とガイド鏡カメラ・レンズに送る(8.5Wの最強ポンプ)
      • 常設の赤道儀用の除湿器 
    • AC100Vに接続したスイッチング電源(12V 30A)で給電
      • 赤道儀:DC12V
      • 冷却カメラ:DC12V
      • M-GEN:DC12V
  • リモートデスクトップ環境
    • ネット環境:我家MAINのWiFi無線LAN+無線LAN中継器
      • 赤道儀側 ASUS X555UA(Win10pro i7core 8GB SSD500GB)
      • 部屋側 PC部屋のディスクトップ(組立:Win10pro i7core 32GB SSD500GB)
  • ソフト
    • 自動導入:ステラナビゲータ10/ステラショット1.5
    • キャプチャー:APT(Astro Photography Tool)
    • 極軸合わせ:SharpCapのAlignment機能

準備完了

02.jpg

フォーカス調整

APTのフォーカス調整、こりゃ便利だわ!初めて使った。
バーティノフマスクを付けて調整するのは同じだけど、実画像で調整するSharpCapに対して、図案化して表示、これなら、フォーカサーも手動(鏡筒を買った標準の接眼部のまま)でOKだな。
実際、電動フォーカサーをネット徘徊して探してた。(汗)
電動、要らない要らない!APT驚いた。

フォーカス調整に使った輝星は「リゲル」おやじは、「シゲル」!。
03.jpg

画像処理

The Moon

超デカいファイルなので、残りは明日やります。(汗)
昨夜と同じで、キャプチャーで見ても、殆ど月は揺らいで無かった。
Registax6で処理
moon.jpg moon-2.jpg

m35

左下に、星屑の集まりがあったので、m35の中心を外した感じ。(汗)
m35.jpg

m42

こう言う、輝度の有る画像処理をしていると、窓ガラスが夜露を浴びて、朝、乾いた様な、または、そのガラス窓の拭き斑のような、、、、何だこれ!
こう言う時、ディザリングが有効なのかもな。
m42.jpg

オートガイド

昨夜も、月がターゲットだったので、オートガイド一式は使わなかったのだが、15秒位の日周運動でも焦点1600mmだと、ほんの少し星が伸びるのか。
短時間露光でも、オートガイドさせて置いた方が良いのかな。
今夜も晴れそうなので、 短時間露光でもオートガイドしながら撮って見よう。
m35狙いで15秒、テストしてみたい。
頭が弱いので、身体で覚える天体観測ってか~ぁ(身体で覚えるLinuxのパクリです)(爆)


添付ファイル: filemoon-2.jpg 12件 [詳細] filem42.jpg 27件 [詳細] filem35.jpg 16件 [詳細] filemoon.jpg 20件 [詳細] file03.jpg 17件 [詳細] file02.jpg 11件 [詳細] file01.jpg 7件 [詳細] file00.jpg 13件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-13 (月) 17:14:29 (41d)