FrontPage

ビューファインダー・LCDファインダーの拡大鏡

オヤジは、視力は普通なので、車の運転以外はメガネをしない。(乱視入り)

X-M1はピント合わせが難しいが、軽量小型で熱ノイズの少ないお気に入りのカメラ。
昨夜の晩酌では、ピント合わせの簡単なEOS70Dをメインなカメラにしようかな~ぁとか、ブツブツ独り言。(爆)
春に、乱視矯正用のメガネを作ったのだが、乱視が、また、進んだのか。
「そうだ、虫眼鏡を買ってくるか!」とか。

X-M1の拡大ビュー機能を使っても、見えるのは只の星。(爆)
下の写真は、RAWファイルを現像してJPG画像に変換しただけ。
01.jpg 02.jpg

EOS70Dのライブビューとバーティノフマスクなら、ビギナーのピント合わせは合格点と言うか、操作に悩むことも無いのだが。
そんなことを「ブツブツ」言いながらカメラを悪戯していたら、娘が、「これ使ってないから、貸してあげる」
X-M1で撮った一昨日のバーティノフマスクの写真を開き、これを液晶面に付けて中を見たら「あへーぇ」良く見える。
00.jpg

昨日は、これからEOS70Dをメインにと考えて、ネットで、バッテリーでは無くACアダプターでカメラを動作させる物をポチッたのだが、この拡大鏡があるのなら、多分、ピント合わせで困ることは無いな。
そんなことを思った。
それにしても、X-M1も、もう少し拡大率の高い設定が出来れば星のピント合わせが楽になるのだが、後継機での仕様を検討して欲しいものだ。(笑)


添付ファイル: file02.jpg 112件 [詳細] file01.jpg 120件 [詳細] file00.jpg 114件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-21 (月) 09:40:42 (581d)